前へ
次へ

離婚裁判の出席は義務

離婚協議をしようとした時に相手が出てこないというのもよくあったりする話でとにかく話し合いにならないということも多いです。しかし、離婚裁判ではそうはいかないです。離婚裁判は平日に行われることになりますが、それでも離婚裁判というのは訴えられた人が欠席をしたとして実行されるようになっています。欠席した場合どうなるのかと言いますと OS を欠席するのは当然ながら訴えられた側になるわけですが相手の主張に反論することがなくそのまま認めたということになってしまいます。争う意思がない、と判断されますから注意しておきましょう。ですから相手が出席してこないというのは離婚裁判においては実は有利になることの方が圧倒的に多いです。裁判起こしている時点で法定離婚事由はあるわけでしょうから、その点はそこまで気にする必要ではないですがそういうものがないと離婚のための裁判は起こせないようになっています。これは覚えておきましょう。

Page Top