前へ
次へ

離婚裁判に強い弁護士を探そう

夫婦が離婚する際は、話し合いで決着がつくことも少なくありませんが、時には話し合いがこじれてしまう、どちらかが話し合いに応じないなどで思うように進まないこともあります。協議離婚が成立しないとなると、今度は調停離婚へと進みますが、調停でもまだ決着がつかない例もあります。そのような場合は、離婚裁判へと進むことになります。離婚裁判を行う場合は、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになりますが、この場合も調停を行っていないと裁判を行うことはできません。離婚裁判では慰謝料や財産分与、養育費や親権について争っていくことになりますが、裁判を有利にするのであれば、やはり弁護士のサポートを利用することがおすすめです。弁護士がいなくても裁判を進めていくことはできますが、裁判に必要な書面の作成も行ってくれますし、裁判に勝つための戦術も心得ていますのでより有利に進めていくことが期待できます。弁護士の探し方は知人の紹介という方法もありますし、弁護士会で紹介してもいらうこともできます。最近では公式サイトを持つ法律事務所も増えており、インターネットから探す人も増えてきました。

Page Top